お使いのブラウザでJavascriptの設定を無効にされている場合、
正しく機能・表示されないことがあります。
この学習コンテンツをご利用いただくには、お客様のブラウザ設定で
Javascriptを有効にしていただく必要があります。

陸上交通と比べた水上交通の特性について述べた次の文のうち、適当なものはどれか。

  • 水上では風や潮流等の影響を受けるため、同じ位置にとどまることが陸上ほど簡単ではない。

  • 一般に、モーターボートにバックミラーやサイドミラーがないのは、水上での周囲の確認が陸上ほど重要では無いためである。

  • すべての水域に速力制限が無いので、まわりに他の船舶がいなければどこでも高速で航行することができる。

  • 陸上と同じようにガソリンスタンドがあちこちに設置されているので、水上で燃料が不足してもすぐに補給することができる。

1

<解説>

(1)船は水上に浮かんでいますので風や潮流の影響は大きく受けます。従って正しい文章ですので(1)が正解です。(2)水上では陸上でいう決められた所を走る道路などの設定は少ないので常に周囲の見張りが大変重要となります。(3)すべての水域で速力制限が無いので⇒速力の制限がある場所もあります。(4)海上の場合は燃料補給ができる場所は限られますので出航前および航行中には燃料の残量確認は大変重要です。

適当なものはどれかという設問ですので一番正しいと思われるものを選択しましょう。(3)は文章の前半部分が間違っています。

陸上交通と比べた水上交通の特性について述べた次の文のうち、適当なものはどれか。

  • 陸上交通では速力制限が設けられているが、水上交通ではすべての水域で速力制限が無いのであらゆる水域を周囲の迷惑を考えずに高速で航行することができる。

  • 陸上交通は国によって右側通行や左側通行があるが、水上交通は右側通行が万国共通である。

  • 陸上の道路のような移動範囲を制限するものが無いので、水上ではあらゆる水域を自由に航行することができる。

  • 陸上でもガソリンスタンドのような施設が各所に設置されているので、海上で燃料が不足してもすぐに補給することができる。

2

<解説>

(1)すべての水域で速力制限が無いという部分と周囲の迷惑を考えずに高速で航行という部分が誤っています。(2)右側通航が万国共通は正しい説明文です。(3)水上ではあらゆる水域を自由に航行できる・・は誤りです。(4)海上では燃料はすぐ補給できる‥は誤りです。
従って(2)が正解となります。

小型船舶操縦者の心得及び遵守事項の科目は常識問題が多いので問題をよく読んで取りこぼしの無いようにしましょう。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当なものは、次のうちどれか。

  • モーターボートやヨットが航行する水域では、漁業は行われていない。

  • 事故が発生した場合は、海上保安庁がすぐに救助してくれるので、自身で対処する必要はない。

  • 携帯電話は、水域によって通話できない範囲がある。

  • 水面下の障害物や暗礁は、厳重な見張りをしていれば、必ず見つけることができる。

3

<解説>

常識問題ですので取りこぼしのないようにしましょう。適当なものはという設問ですので(3)が正解です。

携帯電話が普及発達して海上でも通話できる範囲が広がっていますが陸地に近い所でも場所によっては通話出来にくい所もありますので過信しないようにしましょう。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • 旅客船や工事・作業船が航行する水域においても、ボードセーリングをしていることがある。

  • 目標物が少ない水域では、自船の位置が分からなくなってしまうことがある。

  • 波が高い場合は、水面上に浮いている漁具や障害物が見えにくいことがある。

  • 一部の水域では、季節によって右側通行と左側通行が入替わる事がある。

4

<解説>

(1)(2)(3)の文章はそれぞれ正しく(4)の文章が誤っていますので(4)が正解です。

季節によって交通ルールが変化する事はありません。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • レジャーや仕事などで、さまざまな人が同じ水域を利用している。

  • 原則として速力制限はないが、周りに迷惑がかからないような速力で航行する。

  • 気象状況が悪化した場合は、安全な水域まで自力で避難しなければならない。

  • 船は不安定な水面に浮いているが、外力の影響は受けないので安全に航行できる。

4

<解説>

(1)(2)(3)の文章は正しく(4)の文章が誤りですので(4)が正解です。

船は水上に浮いていますので外力の影響を受けやすく、ある個所に留まっていることは難しいです。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • 海上の信号や標識は、主に大型船の航行用に設置されている。

  • 方向や位置を確認するための機器や手段を備えておくようにする。

  • 沿岸だけを航行する場合は、通信手段を準備する必要はない。

  • 太陽の反射が強いと、水面の状況がわかりにくい場合がある。

3

<解説>

(1)(2)(4)の文章は正しく(3)の文章が誤っています。従って(3)が正解です。

陸地近くの沿岸だけを航行する場合でも通信手段は用意するようにしましょう。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • さまざまな利用者が混在し、利用区分が必ずしも明確ではないことを考慮しなければならない。

  • 操縦性能が劣る船舶は、率先して、操縦性能の優れる船舶を避けなければならない。

  • 事故防止のため、他の水域利用者の妨げとなる行為を行ってはならない。

  • 交通法規の遵守だけではなく、自然環境の保全にも努めなければならない。

2

<解説>

(1)(3)(4)の文章は正しく(2)の文章が誤っています。従って(2)が正解です。

操縦性能の優れた船舶が操縦性の劣る船舶を避けるようにします。プレジャーボートなどの小型船舶は、大型船舶に比べると小回りができ、スピードの増減もたやすくできますので率先して早めに避航動作を取るようにしましょう。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • あらかじめ水域を調べて、水上からは見えにくい暗礁等の位置を確かめておく。

  • エンジントラブルが起きても、自分で応急処置ができるような知識や技能を持つようにする。

  • 水上でトラブルが起きたときは、救援に相当の時間がかかる場合がある。

  • 漁業やダイビングなどの水域の利用区分は、標識によって明確に表示されている。

4

<解説>

(1)(2)(3)の文章はそれぞれ正しい文章で(4)が誤っています。従って(4)が正解です。

漁業やダイビングなどといった水域の利用区分は標識などで明確になっている事は少ないので航行する場合は注意が必要です。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか

  • 釣りをしている人が多い水域に近づくと、釣り糸をプロペラシャフトに巻き込む場合がある。

  • 作業中の台船に近づきすぎると、台船固定用のアンカーロープにドライブ等を引っ掛ける場合がある。

  • 帆走中のヨットが風上に向かって進む時は、斜行を繰り返して航行する場合がある。

  • のり養殖網は浅い水域に設置されているため、網と網のあいだを航行する場合は、乗り揚げないように注意する。

4

<解説>

(4)の文章が誤っていますので(4)が正解です。

迷われた方も多いと思いますが、のり養殖網のあいだを航行することは誤りです。のり養殖網がある水域では大きく迂回して航行しましょう。

小型船舶で航行する場合の注意事項として適当でないものは、次のうちどれか。

  • ウェイクボードを引いているモーターボートの操縦者は、後方に気を取られて前方を見ていない場合がある。

  • モーターボートの引き波によって、潮干狩りをしている人が転倒する場合がある。

  • 競技中のヨットや水上オートバイは、すべての船に対して優先となるので、見張りをしなくてもよいと決められている場合がある。

  • 手漕ぎボートは、モーターボートの引き波によって転覆する場合がある。

3

<解説>

(3)の文章は誤っていますので(3)が正解です。

競技中のヨットや水上オートバイといえども、全ての船に対して優先とはなりませんので誤っています。 実際の場面ではヨットや水上オートバイのレースを行っている水域には近づかないようにしましょう。

前へ

次へ